草を取ってみたら。
ほったらかしの雑草が巨大化しているので、
日々、草取りをしています。
ズボッ、ズボッと抜いていくのが意外と快感。
修行僧の気分で黙々とこなします。

ずーっとやっていると、この草にはこんな幼虫、
この草にはてんとう虫、なめくじ、、、、、etc。
様々な生き物に遭遇します。

そして耕した後には必ず、鳥たちが(つがい、が多い)どこからともなく
飛んできて、虫をついばんでいます。

なんで分かるのかなあ〜?すごいですね。動物の嗅覚って。
嗅覚というより、経験値なのかな。

カエルもいました。薄緑色の雨蛙。
運搬車に引かれるとかわいそうなので、植え込みの側に移してあげました。
手に包むと、柔らかくて、なんだか愛らしい。

雑草をたまたま放置して生かしておいたから出来た、小さな生態系です。

すごい生命力ですね。雑草って。
子孫の残し方が半端でない。種、一万個ぐらい、落ちてしまったかも。
知ってます?雑草の種って一気に生えないで徐々に発芽するように
プログラムされているそうな。確実に種を残すための工夫なんですね。

そんなことをボンヤリ思いながらも本日の作業完了。
すっきりしました!!(まだ他にもボーボー生えてるけど)



これは裏庭の巨大草を取り除いて、出てきた「へびいちご」。

d0121381_22592640.jpg

[PR]
by nekomiwa | 2007-05-05 23:02 |
<< 芍薬 畑に咲く花 >>