<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
かわいい店番。
茄子の収穫がぼつぼつ始まっています。


d0121381_2254474.jpg


     水茄子です。その名の通り、水分たっぷりの瑞々しいお茄子で、
     採ってすぐなら生食がおススメ。

           裏の直売所で販売中!

d0121381_2261385.jpg

むむ?どこかで見た箱ですね、、、、?
そうです、以前お伝えした広島からやってきたパン箱です。
野菜箱として使用中。丈夫で持ちやすいのでとっても便利。
パンの香りがします〜♪

d0121381_2285169.jpg


すこししょぼいけど!!shop全景。
初盆前の気ぜわしさでまだ小屋がたっていません(言い訳)(^^;)
角材は買ってあるんですが!?


d0121381_22132959.jpg
大活躍中の脱力系「のぼり」。
不定期の営業なので、コレを
目印に来てくださるお客サンが多数。
有り難いことです!





でも、もっと活躍している存在がいました。





うちのお店は無人販売。たまたまいるときは
対面販売もしますが、
お金は缶に入れてもらいます。
でも毎年たま〜に勘定が合わないことがあるのです。
うちのおりこうさん、ミトン君。
それを知ってか知らずでか。

d0121381_22182842.jpg


d0121381_22185375.jpg


しっかり窓に張り付いて、店番してくれていました!!
猫だって役に立ちたいんですよね。

++++++++++++++++++++++++++++++++
うれしいことがもうひとつ。

一澤帆布お家騒動決着か?
最高裁の判決、信三郎氏の逆転勝訴。
信三郎氏のコメント

まだ残された裁判の可能性も否めないようですが、ひとまず決着した様子。
この3年半、長かったでしょうね。職人さんたちもさぞかし喜んでいることでしょう。


d0121381_22362520.jpg
d0121381_22402760.jpg


信三郎帆布で直してもらった旧「一澤帆布」の
Myリュック。まだまだ現役です!大切に使っています。

こうしたbagの多くは作り手と客の要望がうまく
コラボレーションされて出来上がったもの。

一朝一夕では作り得ないプロダクトなのです。
商標(デザインを含む全て)が作り手の元にいち早く戻り
信三郎「一澤帆布」として再開することを願ってやみません、、、。
応援しています!!



すこしややこしいのですが。
一澤帆布工業wiki
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-25 23:17 | | Comments(4)
梅ジャムにしました。
昨日の残り、南高梅1kgはジャムとなって瓶に収まりました。

d0121381_21334564.jpg


宝石みたいなキレイな色。
ジャムを煮つめる過程で、だんだんトロリと艶っぽくなる、
あの瞬間が好きです。香りも最高。

昨日仕込んだ梅からも、梅酢が上がってきてひと安心。
ふわ〜っとよい香りが漂う、幸せな時間です。

梅の季節もあとわずか。
梅干しがしっかり出来る、暑〜い夏が到来して欲しい、、、!

いろんな環境の変化はあれども。
この地球の恵みに感謝です。
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-19 21:46 | 手作り | Comments(4)
滑り込みセーフ!?梅干しの仕込み
いま浜松滞在中です。
例年今頃は、ご近所の梅の師匠「Uさん」に南高梅を分けて
もらっていましたが、忙しさにかまけて、つい連絡を怠ってたらば。。。

今年はどうも出回る時期が早まってるな?という気がしていました。
案の定、今朝お電話するも
「今年はもう終わっちゃったのよ〜、ごめんね〜!」
とのお言葉。(ギョエ〜〜)

がその直後、「あ〜、でも待って。捨てるのがあるから御持ちになります?
すこし皮が黒くて柔らかいのだけど、
熟していてjamや梅干しならちょうどいいわよ」
と嬉しすぎるお言葉!!(バンニャァ〜ィ!!)

すぐに伺って、黄熟した南高梅を頂いてしまいました。

「今日捨てるとこだったのよ。もう今年は何十キロも漬けるのはしんどくてね。
(でもすでに15kg仕込んだ後らしい)
畑に残ったのを拾ったものの、またこれを漬けると思うとね〜。
いまから畑に捨てに行こうと思ってたところだったの。
梅も喜ぶわ!あ〜ヨカッタ」

d0121381_2327825.jpg

        ぷぅ〜ん、と良い香り。
        この香りを嗅ぎたいから毎年漬けてるのかもね。

5kgもありました!なんと有り難いこと!
今年は梅の神様が味方してくれているようです。

塩分15%のちょっぴり減塩の梅干しレシピにしました。
無事、梅酢があがりますように♪

梅干し。家人はほとんど食べないので、私の専売特許。
諺からすると、今年もこれで不幸にならずに済む、というものです。
(無事漬かれば、のハナシですがね)

気候の変化か、今年は2週間も出回る時期が早いし収量も3割減だったとか。
ほんと、滑り込みでした。
Uさん、どうもありがとうございました!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1kg残してある梅は梅jamにするか、いまハマっている
“炊飯器で作る梅ジュース”にするか。愉しく悩み中(^^;)

そうでした、炊飯器で作る梅ジュースはすぐれもののレシピです!

まず、洗って灰汁抜きした梅。前回のDIARYに書いたすこし青かった梅を
紙袋に入れたままに。そうするといい具合に黄熟してきます。
よい香りがしてきたら作りどき♪

+++++では作り方+++++

d0121381_21412840.jpg

1.梅と砂糖を用意。砂糖はなんでもOK(氷砂糖/黒糖など)
 1:0.6の割合です。1:1だと甘過ぎるみたい。
(写真は梅450g/グラニュー糖270g)


d0121381_2205255.jpg

2.炊飯器に全ての材料を入れ、保温スイッチをポン♪

3.途中窯を開けるとモワ〜ンといい香り。
 砂糖が沈殿していたので、かき混ぜる。
d0121381_224316.jpg

        氷砂糖は溶けにくいそうですから途中で様子見を。

4.保温時間9H経過。皮がぷるぷるになっていたので、
 スイッチを切り、蓋をしてそのまま放置すること10時間。
         
        と、やることはたったのこれだけです!

d0121381_22193985.jpg

この分量でコレだけ出来ました。
薄めてジュースに、ヨーグルトのトッピングに、焼酎と混ぜれば梅酒に。
いろいろ楽しめます。残った梅はすこし酸っぱいので、
jamにするとよいです。(わたしは食べちゃってますケド)

なにより、このレシピ、忙しいアナタに最適なのでは!?
普通に作ったものは1ヶ月は飲めないけど、
これはすぐ飲める!簡単!おいしい!!!
梅ジュースにありがちな発酵の失敗がありません。

是非おためしあれ♪

梅好きのわたしとしても一日で飲めるってとこが画期的でした。
つまり、すぐなくなりそう〜(^^;)

なので
d0121381_2225628.jpg
普通の作り方の“梅ジュース”も
スタンバイ中。
このエキスが染み出てくる変化を
見る愉しみ、ってのもあるね。
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-18 22:37 | 手作り | Comments(2)
谷保で梅もぎもぎ♪
谷保で梅もぎが出来るとの情報を得て、
こうしてはおれん!と日曜日に行って参りました。

       夏日で暑い!でも梅の木の下は涼やか♪
d0121381_1730095.jpg



わくわく嬉しい〜。なんでこんなにモギとりって楽しいんでしょうね?
(ほとんど動物の気分です)


d0121381_17312538.jpg
くにたち猫コンビ(?)
低い梅の木なのに全然
手が届かないワタシ(^^;)
背伸びしてます!

d0121381_17331079.jpg

       腰籠をつけています。これで何キロかなあ?

d0121381_17333989.jpg

         粒が大きくて、ふっくらしています。

さてさて。家で早速仕込み開始♪

d0121381_1741110.jpg


    2.5kgありました。大粒の青梅なので
    梅酒(黒糖)/梅ジュース/カリカリ梅 にすることに。瓶も消毒!


d0121381_1743522.jpg
瓶にきっちり収めるのが愉しい♪


d0121381_1748295.jpg

すこし残ったので、mixiにのっていた「炊飯器で作る梅ジュース」に挑戦します!
糖類と梅を1:1(糖類は半分でも可)炊飯器にいれて保温するだけ、らしい。
紙袋の中にしばし置いて黄熟させてからするつもり。


++++++++++++++++
梅のこまごまとした手作りってなんて愉しいのだろう。。。!
いろいろ教えてくれた亡き母に感謝です。

  

農家/遠藤常臣さん(電話:042-572-3300)
残念ながら、梅もぎは今期終了です!
6/20ごろから生でかじって甘い!トウモロコシ
「ピクニックコーン」の収穫&販売開始!

[PR]
by nekomiwa | 2009-06-09 17:59 | | Comments(4)
阿修羅☆ぐるぐる☆トルネード
東京国立博物館 平成館 で開催された
「国宝 阿修羅展」に行って参りました!


d0121381_22445766.jpg

最終日の三日前だけあって、雨の中にもかかわらず長蛇の列。
ううむ、やはりか。。。
90分待ちという情報でしたが、60分ほどで入場。

いろんな象が立ち並ぶ中。阿修羅様は第二展示室に。
そこで見たものは。。。

d0121381_224611.jpg


そこは阿修羅ぐるぐるトルネード

右回りで、体を傾けて、なるべく後ろの人も見えるように!!
との指示の元、じりじり動く人々。
途中までチビのわたしは全然見えませんでしたが、親切な御夫人が
後ろから押してくる少年に
「おばちゃんに譲ってあげて〜〜」と叫びながら
最前列を譲ってくれました。感謝です(^^;)

153センチと小柄なのに、とても大きさを感じました。
他の八部衆の面々もすばらしかったです。
迦楼羅(カルラ)を真近で見られて感動。


阿修羅様もお疲れ様でした。 また九州への長旅、お気をつけて!

『ありがとうございました』
と言わずにはおれませんでした。



d0121381_22562717.jpg
ライトアップの美しい東京国立博物館


つぎは九州国立博物館に巡回。
興福寺創建1300年記念 
国宝 阿修羅展
2009年7月14日(火)-9月27日(日)


久々にスケッチ帖にもup!
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-07 23:18 | アート | Comments(4)
阿修羅の夢。
やばい、もうあと五日。

d0121381_2317641.jpg


みなさんはもうご覧になりました?
興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」
6/2〜7までは夜8時迄開館時間延長!

九州迄はいけないし(^^;)
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-02 23:26 | アート | Comments(0)
くにたちおさんぽノート2009+++中身編
前回の続き♪
くにたちおさんぽノート、さて中身は!?

d0121381_22245827.jpg


開くとこ〜んなに大きくて中身充実!(A2ウラオモテ)
くにたちの見所が網羅されていますよ。

ミトンくん、どおですか?

d0121381_22262091.jpg

                。。。

d0121381_22265640.jpg

                むっ!?

d0121381_22273236.jpg


               &@*!?

d0121381_2235069.jpg


          バシッ、とマーキング♪ここはいいニャ。

とまあ、愉しみながら見ているミトン君でした。


発行:NPO法人国立市観光まちつ゛くり協会/国立市

[PR]
by nekomiwa | 2009-06-02 22:38 | おしごと | Comments(8)
くにたちおさんぽノート2009+++表紙編
先頃、国立のマップのお仕事を
させていただく幸運に恵まれました。
その名も「くにたちおさんぽノート2009」
絶賛配布中です!

d0121381_221836.jpg


設置するとすぐはけてしまうので、
幻のマップです!!!(^^;)
全てのイラストを担当させていただきました。

d0121381_22253225.jpg

ミトンと大きさを比較するとこんなカンジ。

中身はどおかな?ミトン君。
d0121381_2225539.jpg

                、、、、、?

次回に続く!


mapの入手先:国立駅前せきやビルの地下ラック、または
       国立市役所に在庫があるかも!?の超レアものなのです。
       見つけた方は相当ラッキ〜♪かも!


発行:NPO法人国立市観光まちつ゛くり協会/国立市
[PR]
by nekomiwa | 2009-06-01 22:42 | おしごと | Comments(1)