<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ついにあの「おろち」DVDを観た!
楳図かずお漫画の最高傑作「おろち」の実写版エキストラに猫仲間とともに
参加したのは過去BLOGでもお伝えしましたネ。

d0121381_20215369.jpg

予約注文していたDVDが届いたので、早速おウチで鑑賞。
映画館には行けなかったので、ドキドキワクワクです。

一通り観て、再度くだんのエキストラシーンにstopをかけて確認。。。!
d0121381_185710100.jpg


d0121381_20494068.jpg

ぎょえぇ〜っ(まことちゃん風に♪)大興奮です!
私ぎりぎりはじっこに映っていました!!
帽子が目印。よくよく目を凝らすと、猫仲間も4人全員、バッチリ!


ちなみに普通に観たら瞬きする間に終わるので全然分かりません(^^;)

都内某公会堂で行われたこの歌謡ショーのひとこま。
ほんの数分のこのシーンに半日はかかったでしょうか。
丁寧に角度を調節していたから、こんなにばっちり画像に収まっているのは
監督および、スタッフの愛情の賜物だと確信しました。
このシーンに出てくる木村佳乃さんとおろち役の谷村美月さん、
監督の鶴田法男さんも舞台から挨拶をしてくださり、
活気に満ちた現場の雰囲気がとても印象的でした。

映画は楳図センセイも太鼓判を押す出来映えで、
漫画の独特な世界観を余すところなく伝えています。

「姉妹」と「血」のふたつのストーリーが混じり合う脚本。

d0121381_20225174.jpg

初回限定スリーブ仕様で、美月嬢の歌う「新宿烏」CDのオマケ付き。
楳図せんせいの作詞です♪おろちのPOSTCARDも入ってます。

貴重な楳図作品の一部になれたようで
FAN冥利に尽きる嬉しい出来事でした!
ウチの家宝にします(笑)

おろちオフイシャルサイト
猫風°呂にもup!
[PR]
by nekomiwa | 2009-03-27 19:12 | アート | Comments(2)
私の好きな人形物語
和田まさ子さんの児童文学エッセイ「私の好きな人形物語」絶賛発売中です。
わたしは挿絵のお手伝いをしました。

d0121381_21153352.jpg


一冊丸ごとのお仕事です。
文章を読んだあと、とても懐かしく、優しい気持ちになり、
没頭して描くことが出来ました。
バラバラ描いたものを素敵に装丁してくださったのは國立圖案室の猫さん。

d0121381_21233726.jpg

和田さんご自身の大切にされているお人形さんも見返しに、ひょっこり。


d0121381_1283197.jpg

                帯はこんなカンジ。

そうあえばあの人形はどこへいったかしら、、、?
お人形を抱きしめて、物語を自分で創っていた少女時代が蘇ります。
とても暖かいお話の数々。ぜひぜひお手にとってご覧ください。


児童文学専門出版社てらいんく
ISBN978-4-86261-042-3 C0095

*写真追加しました。2009.4/3 fri.
[PR]
by nekomiwa | 2009-03-26 21:33 | おしごと | Comments(0)
くにたちニャン太です♪
有り難いことに、ご縁があり国立のお仕事をいろいろさせてもらっています。

「国立歩記」(くにたちあるき)ではmapのカットから始まり、
表紙の猫イラストを担当しています。

いつのまにかついた名前が「くにたちニャン太」
d0121381_20215244.jpg

d0121381_20235677.jpg

DESIGNED BY 國立圖案室


ニャン太は、旅好き、昼寝好き、食べるの大好き、そして国立が大好き!!!
季節ごとにいろんなニャン太が登場します。

そしてこの度「国立歩記」の公式BLOGが誕生しました。
どうぞ国立市のいま、を感じに遊びにいらしてくださいね♪

d0121381_2025579.jpg

              copylight©株式会社せきや
[PR]
by nekomiwa | 2009-03-21 20:33 | おしごと | Comments(2)
猫と暮らす、ということ。
3月1日放映のETV特集「ひとりと一匹たち」を見ました。
とても心に深く突き刺さる、考えさせられるドキュメントでした。

様々な生い立ちや理由で河川敷暮らしをせざるをえなくなったおじさんたち。
そしてそこに寄り添う猫や犬たちの姿を
カメラが淡々と追います。

d0121381_19492912.jpg

アレレ、ミトンがTVに走りより、ジーッと見ています!
河原の「茶赤」のシーンです。虫の声に反応した模様。



浮き草職業のわたしにも人ごとでない世界なのです。
猫や犬たちのおじさんへのじゃれつき方を見ていると
泣けてしょうがなかった。
悲しくもやさしいひとたち。

草上で朗々と歌うおじさんとじゃれつく犬。
なにかユートピアのような光景でもありました。
その風景が心の中の深いところに沈殿しています。


d0121381_19495845.jpg

        めずらしくヒーターの上に乗るミトン。洗濯物の上ですが(^^;)

ブルータスが猫特集ですね。
猫や共生動物は現代社会にもはやなくてならない癒しの存在であるようです。

猫と暮らす、生きるということを
改めて考えている、今日この頃。


d0121381_19502498.jpg
なぜかアゴのっけ。
『だんだん』ももう
終盤どすなあ。(^^



ETV特集
[PR]
by nekomiwa | 2009-03-03 19:55 | | Comments(7)