万年筆☆LOVE
デスクの片隅にころがっていた3本の万年筆。

2本は亡き父母が愛用していた形見の品。
でもなんとなく、お手入れが面倒なのと防水性のなさや
紙を汚しやすい気がしていて実は敬遠していたのでした。

日記もまた始めたことだし、万年筆、いいかも。。。と思えてきた。

で、早速お手入れ法をNETで調べて。インクカートリッジを入手。

d0121381_22583464.jpg

左:私が伊フィレンツェで買ったもの
真ん中:母のもの(私と同じく伊土産)
右:父の形見(母が父亡き後使用)


左側の私が購入したものはbody模様が小粋な一品ですが、
カートリッジが見つからない。丸善さんでも聞いたので、
現存するメーカーには合うものはなさそう。
インク瓶につけて描くことにしよう。(少し残念)
(コレ実は1/21の日記に登場したモノ。カートリッジ、探し中!なのでした)

真ん中のはウォーターマン。(知らなくて文具屋さんが教えてくれた)
カートリッジもばっちり合います。合わさないと、インク漏れの原因になるのだとか。

右のは中国製のパチもんかな?
インクはMONT BLANCがピタッと合いました。

早速、書き味チェック♪(ペコリ猫です)
d0121381_238239.jpg


上:茶色の奴は太めの線。万年筆らしい柔らかさとでもいうのかな?
絵も描きやすそう。
下:ウォーターマンのほうは、おお〜!!好みの堅さです。
強弱はつけにくいけど、文字が書きやすい。
日記はコレを使うことに決定♪
d0121381_23155875.jpg

               Wマークがキラリ〜♪

日記。ますます愉しくなってきましたよ〜〜♪

d0121381_23171570.jpg

でもこの万年筆の正体は?一時的に出回ったものなのか。
FYL Paris と書いてありますが検索しても出てきません。
母と一緒に行った、フィレンツェの文具屋さんで買った思い出の品。
カートリッジをつい捨ててしまったのが悔やまれる。

どなたかご存知の方、こっそり教えてください(^^)

万年筆。手になじんでいきそうで、これは新たな発見。
絵を描くとき、感触ってとても大切だから。
アイディアもさらさら湧いてきそう!?

大切に使い続けられそうな道具を再発見。
ちょっぴりうれしいできごとでした。
[PR]
by nekomiwa | 2010-01-30 23:42 | もの | Comments(5)
Commented by と~る at 2010-01-31 07:24 x
>じら公さん

mixiに「万年筆」というコミュがありますよ!

こちらでお尋ねになってみては如何でしょうか。

僕も万年筆好き、ただし、もっぱら純国産のPILOTオンリーで、コレクションがあるわけでもないのですが、ボールペンで書くよりも万年筆のほうが何だかしっくりと来るので、ほぼ日手帳にはお気に入りのPILOTの万年筆を挿してます。銀製なので時々磨きますけど、完全にピカピカよりも、少し錆びてくすんだような色をしてる方が何と無く「良い感じ」になります。
Commented by nekomiwa at 2010-01-31 08:56
銀製の磨けるもの、素敵ですね〜〜。
日々愛着が湧きますね。まさに私のこの金色のもすこ〜し、くすんでおります。(純金製ではないと思うけど)すこし磨こうかななんて思っていた所♪磨きものの極意もよくわからんから調べてみよう。昔、名古屋のギャラリーバイトでとある有名作家の金属をピカールで磨いてたけど(^^;)

コミュはいって見てみます。ありがとうございます!>と〜るさん
Commented by とんとん at 2010-02-01 11:57 x
書斎館というところ行ったことありますか?世界中の万年筆があるよ。青山にあります。検索してみてね。
Commented by manboblog at 2010-02-01 13:30
日記熱、当分つづきそうですね。(●^o^●)
しかしペンの世界は危険ですよね、ずぶずぶとはまりますよ・・怖い怖い。
しかも万年筆・・高価なだけに危険極まりないですぞ~。
Commented by nekomiwa at 2010-02-01 22:44
先日ご一緒した京橋PILOTのカフェといい、文房具がんばってるのね。ここも素敵。とんとんちゃんはさすが詳しいね。是非行ってみたいです!

manboちゃん、そうだよね、高額で危険、危険。。。
職業柄道具にはついついハマるのだけど。装飾的な方向に凝りだしたらキリないですもんね。(^^;)
でも万年筆は大切に使えば長〜く使えるのでエコロジー。
このpenたちをガシガシ使い倒します!
<< 子宝草の蕾 BONO健在。 >>